環境方針

66期(2017年9月1日〜2018年8月31日)
●環境理念
「事業活動にあたり、かけがえのない自然を守り、資源、エネルギーの環境に調和し、
子孫に誇れる地球と地域の環境保全向上を積極的に推進し、社会の持続的発展に
貢献する。」
●環境方針
「事業活動を通じて社会に貢献すると同時に、
 環境に大きな影響を与えていることを受け止め、
 現在および将来にわたり環境保全活動を継続的かつ計画的に推進いたします。」
1.環境関連法規の遵守
事業活動を行うにあたり、法規制、条例及びその他の要求事項を遵守します。
2.資源エネルギーの効率的運用
事業活動にあたり、資源及びエネルギーの有効性を深く認識し、それらを効率的に利用し節約し、リサイクルに積極的に取り組み、環境負荷の低減・削減と環境汚染の防止に努めます。
3.環境マネジメントシステムの
  構築、運用、改善

本環境方針に沿って、環境マネジメントシステムを構築し、環境目的、環境目標を定め、運用、評価、見直しを実施して、環境保全活動ならびに環境マネジメントシステムの継続的改善に努めます。同時に、英知を集結しゼロエミッションを目指し、環境改善活動を積極的に推進いたします。
4.環境方針の周知と啓発活動
環境教育、周知活動を推進し、社員の啓発活動を行い環境意識の向上に努めます。
●環境目的
1.産業廃棄物の削減
2.資源、エネルギーの効率的運用